FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神なる少女  第7話

 それからしばらくの間、正樹は悶々とした日々を過ごしていた。宝くじはきっと外れる。当たるはずがない。そしたら、綾乃になんて言って謝ろう・・・・・・そう思って。正樹は頭を抱えた。
だが、その心配は杞憂に終わる。
当たったからだ。一等が。それも前後賞合わせて三億円が。

「正樹、当たったよ! 宝クジ当たったの! あなたのおかげよ! 本当にありがとう、正樹!」
「そ、そう。良かったね・・・・・・」

 電話の向こう側で喜びを爆発させる綾乃に対し、正樹は心にわだかまりを感じずにはいられなかった。本当だったら素直に喜ぶべきであろう。綾乃の窮地が救われたのだ。自分もそれを望んでいたのだから。だが、疑念が消えることはなかった。
 あまりにも上手くいき過ぎていないか・・・・・・?
 宝クジで一等を当てることがどれほど至難か、正樹は知っている。天文的な確率だ。偶然も偶然、そこに強運や超運が重なってようやく得られる確率である。にも関わらず、綾乃は一発で当選したのだ。たった一〇枚買っただけで。

「これは、偶然なのか・・・・・・?」

 そう思った時、これまでの出来事が走馬灯となって駆け巡った。
 思い起こせばそうだった。幼稚園での約束、小学校での出来事、そして今回の結果。これまで、綾乃が口にした「想い」はすべて叶ってきた。小さなことから大きなことまで、ほぼ全てがだ。果たしてこれは偶然だろうか。

「もしかしたら綾乃には、口にした「想い」を無意識に叶える特殊な能力があるんじゃないだろうか・・・・・・」

 漠然とそんな考えが脳裏をよぎった時、正樹は思わず衝動に駆られた。綾乃の能力が本物かどうかを確かめたいという衝動にだ。

「だが、どうやって確かめればいいだろうか・・・・・・」

 ありきたりなことでは綾乃の能力の有無を確かめることはできない。大きなこと。たとえば、宝くじの一等が当たるよりも難しく、現実には起きるはずもないことが実現したならば、綾乃の能力は紛れもなく本物ということになる。そのためにはどんな方法を用いれば良いだろうか。
正樹は考えた。考えながらも実行をためらい、躊躇しながら毎日を過ごし、やがてその時を迎えることとなる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オワタ

Author:オワタ
社会の底辺で働くアラフォー間近のアラサー男です。人生を好転させるため、給料以外のお金稼ぎを模索中。

モッピー
モッピーワークスがかなり稼げます。 一番のオススメサイトですよ♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト
マクロミル
簡単なアンケートでサクサク稼げます。 コツコツの積み重ねが利益を生むかも? ここから登録しますと30pt(30円)貰えます。
マクロミルへ登録
ハピタス
アンケートからショッピングまで網羅したサイトです。 無料宝くじでの一攫千金も夢じゃない!? ここから登録で30pt(30円)もらえます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ライフメディア
一気にドカン!と稼げるかも知れないサイトです。 モニターに採用されると稼げる額が大きいかも?
ライフメディアへ登録
ECナビ
色々なコンテンツが一杯! ここから登録すると500pt(50円相当)が貰えます♪
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
pv計測
マネックス証券
日本ブログ村
オワタは日本ブログ村に登録しております。 クリックしてくれると狂喜します( ̄▽ ̄)
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。