FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然痘という悪魔の復活 第10話

 達也は邸宅の奥へと案内された。そこは一〇畳ほどの洋室で、中央にはソファーとテーブルが配置されており、壁には絵画と書が飾られていた。隅には花がいけられた花瓶も置かれている。簡素だが、ひと目で応接室とわかる空間だった。

「どうぞ、おかけください。いまなにか飲み物をお持ちしますので」
「いえ、お気遣いなく。それよりも、今回は唐突な訪問を受け入れてくださって、本当にありがとうございました。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません」
「そんなにかしこまらなくても結構ですよ。この手の訪問には慣れていますから」
「恐縮です」

 達也はハンカチで額の汗を拭った。緊張のためではなく、これは彼のクセであった。
 ハンカチで汗を拭いつつ、達也は二〇年前は男児だった若者をチラリと見た。これも彼のクセである。ジャーナリストという職業柄、どうしても対象者を品定めのごとく分析しようとしてしまうのだ。
守山息吹は今年で二五になる。年齢からいえば達也よりも年下だ。にも関わらず、その風貌と落ち着いた物腰から、彼は達也よりも一〇年以上も年齢が離れた年長者に見えた。常人とは異なる人生が彼をそうさせたのだろうか。
 やがて達也の前に淹れたてのコーヒーと洋菓子が供された。コーヒーカップや小皿はマイセン磁器で、出された菓子はリッツカールトンの高級チョコレートだった。コーヒーの内容は不明だが、非常に香りが深いため、インスタントのコーヒーでないことだけは確かなようだ。

「随分と良い暮らしをしてるんだな」

 口には出さず、内心で呟く。
 よく見ると、テーブルは黒檀でできており、花瓶も景徳鎮のもので、飾られている絵画はトマス・エイキンズの署名入りではないか。豪奢な邸宅といい、高価な調度品といい、守山息吹は随分と豊かな生活を送っているようだ。
 訪問の目的とは異なるが、興味本位からつい聞いてしまった。

「失礼ですが、守山さんはいまどのようなお仕事をされているのですか?」

 聞かれた息吹は、自分用のコーヒーを一口含んでから答えた。

「私は・・・・・・いまは働いていません」
「え?」
「妻の実家が資産家で、私自身も幸か不幸か多少の財産を持っていたので、働かずとも多少裕福な生活を送ることができるんですよ。いずれ妻の実家が経営する会社に就職する予定ですが、いまはまだ、新婚生活を満喫している最中なんです」
「なるほど。そうでしたか」

 羨ましい身分だな、という余計な一言をコーヒーと一緒に飲み下しながら、達也は守山息吹が置かれた状況を思いやって同情を禁じえなかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オワタ

Author:オワタ
社会の底辺で働くアラフォー間近のアラサー男です。人生を好転させるため、給料以外のお金稼ぎを模索中。

モッピー
モッピーワークスがかなり稼げます。 一番のオススメサイトですよ♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト
マクロミル
簡単なアンケートでサクサク稼げます。 コツコツの積み重ねが利益を生むかも? ここから登録しますと30pt(30円)貰えます。
マクロミルへ登録
ハピタス
アンケートからショッピングまで網羅したサイトです。 無料宝くじでの一攫千金も夢じゃない!? ここから登録で30pt(30円)もらえます♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ライフメディア
一気にドカン!と稼げるかも知れないサイトです。 モニターに採用されると稼げる額が大きいかも?
ライフメディアへ登録
ECナビ
色々なコンテンツが一杯! ここから登録すると500pt(50円相当)が貰えます♪
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
pv計測
マネックス証券
日本ブログ村
オワタは日本ブログ村に登録しております。 クリックしてくれると狂喜します( ̄▽ ̄)
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。